4Kテレビとは

4Kテレビの圧倒的な映像美

 

 

4Kテレビとは、フルハイビジョンの約4倍の解像度を誇るテレビのことで、まさに実物がそこにあるかのような次世代の映像の美しさを実感することができます。
特に50型以上の大型サイズ主流であり、今までのものとは比べものにならない位の臨場感を醸しだしています。

 

その解像度は水滴の1粒1粒、髪の毛まで細かく見ることができ、パナソニックは「テレビを超えた」というキャッチフレーズまで使っています。
現在の価格は主流なものが45万円〜50万円程度となっていますが、既に30万円程度にまで価格が落ちているものもあり、除々に買い時を迎えようとしています。

 

テレビの買い替えサイクルは6〜7年と言われており、薄型の液晶テレビが流行り始めた時期からちょうど今がその時期になりつつあります。
また、次の買い替え時期は東京オリンピックのころとなっており、時期としてはちょうど良いころ合いになっています。
さらに消費税が2014年4月に8%に上がってしまうということで、その前に購入する必要があり、買い時として判断しても良いでしょう。

 

4Kテレビの圧倒的な映像美で、ソチオリンピックやサッカーワールドカップブラジル大会に備えてみてはいかがでしょうか。

 

 

<<4Kテレビを購入>>